本文へ移動

研究会・講座のご案内  

会員随時募集しております

経営研究所の各研究会では、随時会員を募集しております。

詳細につきましては、研究会・講座のご案内をご覧ください。

年度途中のご参加も可能です。

尚、年会費はお申込み頂いた月より1年間となります。
次年度より自動更新となります。
お申込みは、こちらから。

 

 

定例研究会

 
定例研究会は、維持会員のみでなく、全ての研究会会員に開かれております。
この定例研究会では、その時々の経営実務上の課題や、研究上の新しい動向についての提言を受けて、参加者が討論する形で進行しています。
テーマは広く経営一般から選定しており、各研究会員は、問題への関心に応じて出欠自由に出席いただいております。
 
*コーディネータ
藤本 隆宏(経営研究所所長・東京大学大学院経済学研究科教授) 
新宅 純二郎(経営研究所副所長・東京大学大学院経済学研究科教授)
内野 崇(経営研究所代表理事・学習院大学名誉教授)
 

これからの企業経営を考える研究会

 
経営のグローバル化、IT革命の進展、技術進歩のスピード加速、市場の多様性と複雑性の増大等、今ほど、経営の質、経営意思決定の正否、経営の仕組みが問われる時代はない。本研究会は、経営の本質を問い、経営意思決定のあり方、その仕組み等を正面から取り上げ、併せて企業経営を担うトップ人材のあり方、育成等について、理論と実務の双方の視点に立って検討を行う研究会である。日本を代表するターンアラウンダー(企業再生の達人)である冨山と、戦略論の泰斗、新宅に加え、変革論の内野をコーディネータに、多彩なゲストを招聘し、経営の本質に迫る。
 
*コーディネータ
冨山 和彦 (株式会社経営共創基盤代表取締役CEO・公益社団法人経済同友会政策審議会委員長)
新宅 純二郎(東京大学大学院経済学研究科教授)
内野 崇(学習院大学名誉教授/株式会社関電工取締役)
 

グループ経営研究会

 
今後の企業経営、企業成長のコアたるイノベーション、経営のグローバル化、M&A、M&D等を展開する上で、企業全体のマネジメント体制~ホールディング・カンパニー、分社経営、関係会社管理等~をどのように構築、運営、発展させていくかは、必須の要件と言える。
本研究会では、そうした問題意識を前提に『グループ経営』を企業経営における重要課題と捉え、多彩なゲストを迎えながらその本質に迫る。これからの企業は、『グループ経営』の視点に立ち、全社戦略を立案・推進し、投資家的な観点も加えつつ事業の将来を見極め、経営資源の効果的な配分を行い、ガバナンスや経営管理の本質を理解しながらM&Aの実施も含めた事業の入れ替えを進め、人材の多様性や企業の社会的責任を意識しつつ、『企業グループ』としての企業価値の向上と企業理念の実現を目指す必要がある。本研究会では、『グループ経営の実践に役立つ具体的な指針』を提供したい。  
 
 
*コーディネータ
松田 千恵子  (東京都立大学大学院教授)
内野 崇 (学習院大学名誉教授/株式会社関電工取締役)
 
 

新任役員研修フォーラム

今問われているのは、現場力に加え、経営力!改めて経営とは何か?これからの経営者の要諦とは何か―経営の本質を問い、経営を担うことの自覚を促す機会としたい。経営マタ―とはそもそも何か?経営にどうコミットすべきか?現状を見るに、一般的な役員像、スタンスは、変革志向というよりはむしろ、安全運転・現状維持(大過なく)・ 継続性重視に偏し、サラリーパーソンの延長のポストになっていないか?真の変革志向の経営リーダーの育成を目指す!ガバナンスコードの要請でもある―役員研修の義務付けの受け皿の必要性に応えていく場の提供も意図している。
 
<3つのコアとなる基本的な内容>
①経営リーダーの本質を問う―これからのトップマネジメント体制と変革型経営リーダーのあり方を問う
②役員 (取締役を中心に) の権限と責任―法的な視点(会社法・民法・金商法・上場会社規則等)から、役員 の権限と責任を問う
③これからの企業経営とガバナンスのあり方を踏まえて改めて役員のミッションを問う
 
*講師陣
冨山 和彦(株式会社経営共創基盤代表取締役CEO/公益社団法人経済同友会政策審議会委員長)  
村瀬 孝子(鳥飼総合法律事務所弁護士)
松田 千恵子(東京都立大学大学院経営学研究科教授)
内野 崇 (学習院大学名誉教授)
   
*開催日
2020年9月24日(木)10:00~14:40
 

企業イノベーション研究会

 
今日の日本企業にとって、経営のグローバル化は最重要な経営課題の一つである。ただしここ数年は、世界経済をけん引してきた中国経済の成長鈍化、円安の進行、インバウンド消費といった要因が絡み合い、グローバル化はより複雑な問題になってきている。(1)どの地域に、いかなる戦略で事業を展開していくか、(2)どのような組織構造、ネットワークを構築すべきか、(3)グローバル化を実現する人材をいかに採用、育成、配置していくかといった課題を再検討しなければならない。本研究会は、我が国の戦略論の第一人者である淺羽と新進気鋭の人事・組織マネジメント研究者である竹内を中心に理論と実践の融合を目指す。先進企業からの実務家あるいは大学等の研究者による提言に加えて、今年は研究会メンバーが持ち寄った自社事例について議論するなど、メンバーのより積極的な参加を期待する。
 
*コーディネータ
淺羽 茂(早稲田大学ビジネススクール教授)
内野 崇(学習院大学名誉教授)
 

“人材開発と組織”研究会

 
今、企業経営の中核たる“人と組織”のあり方が問われ、その基盤が大きく揺らいでいる。本研究会は、組織行動論、ネットワーク論の若手のホープ、竹内と若林が、主に職場における人的資源管理と人材育成を、そして組織論・変革論とリーダーシップ論の旗手、内野が主として“組織”を担当し、毎回多彩なゲストを招き、今後のありうべき“人材と組織”のあり方、並びに変革へのシナリオについて活発な議論と検討を行う。
 
*コーディネータ
内野 崇(学習院大学名誉教授/株式会社関電工取締役)
竹内 倫和(学習院大学経済学部教授)
若林 隆久  (高崎経済大学地域政策学部准教授)

自動車とモビリティの未来を考える研究会

 
我が国の経済とビジネスを牽引し、グローバル化の先頭に立ってきた自動車業界は、今、EVを含む次世代パワートレインの多様化、インターネットとつながるコネクテッドカー、地域・時間限定あるいは無限定の完全自動運転、デジタル経済を反映した新しいモビリティ・サービスなど、ドラスティックな市場・競争環境の変化の可能性に直面しています。
生産販売側の自動車産業と利用側のモビリティ産業の境界が小さくなりつつある、こうした時代のダイナミズムを見据え、1990年代から続いてきた「自動車産業の将来像研究会」を内容的により発展させる形で、2019年4月より本研究会をスタートします。
これからのモビリティ産業は、従来の自動車業界のみならず、サービス業界、エネルギー業界、デジタル・IT業界等を含むすそ野の広い業界を巻き込みながら展開されていくことが予想される。本研究会は未来の展望も含め、知的刺激にあふれた研究会である。これまで以上に幅広い業種・業界からの参加を期待します。
 
*コーディネータ
藤本隆宏(経営研究所所長・東京大学大学院経済学研究科教授)
青島矢一(一橋大学イノベーション研究センター教授・センター長)
西野浩介(株式会社三井物産戦略研究所 産業情報部産業調査第一室室長)
河野英子(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
 
*オブザーバー
ダニエル・ヘラー(中央大学国際経営学部特任教授)
 

AI理論と実践講座

 
全ての産業・サービスの基盤が、IT技術、とりわけAIをコアにした技術と、そのネットワークに移行しつつあります。「AIテクノロジー」を事業に組み込み、自社に変革をもたらすためのイノベーションは、企業成長の必須の要件となりつつあります。本AI講座の狙いは、現代AIの基礎理論を学び、簡単なプログラミングの作成を通じてAIの本質を体感することで、自社の新規サービスや業務改善へのAI適用への具体的な足がかりを得ることを目的とします。
毎回の講義は、①各回のテーマの基礎理論の解説、②Pythonを使った簡単な演習、③実践事例の紹介を行う予定です。参加企業の皆様のAI戦略展開の一里塚としていただき、とりわけ、初心者の方も大歓迎です(事前のAI知識必要なし、数学なし、プログラム経験不要、ただし手を動かす気合い必要!Mac、Windowsいずれにも対応。ただし、パソコンは各自持参いただくことを原則とします)。
 
*講 師
森 英悟 (株式会社Sigfoss代表取締役 工学博士)
吉田 直可(法律事務所愛宕山所属弁護士
      明治大学自動運転社会総合研究所特別研究員)
 

浅井浩一 元気塾~現場リーダー育成~

更に詳しい案内を見る, 究会の案内プログラムを印刷する
 
問題のない組織はない。真の問題は、「問題が隠蔽されてしまうこと」「問題から逃げる体質が染みついてしまうこと」「何が問題かわからない状態に麻痺してしまうこと」である。多彩なゲストの実践的な提言で問題に気付き、問題に向き合う覚悟を持たせ、塾生同士の本音のディスカッションを通じ、自分事として問題をいかに乗り越えるか手立てを主体的に考える。特に本コースの特徴は、単なる学びに終わらせず、学びを自らの具体的な実践に結び付けることにある。元気にあふれた現場の再生と活力ある現場リーダーの育成を目指す。
 
*コーディネータ
浅井 浩一(一般社団法人日本マネジメントケアリスト協会理事長)
中村   佳正(株式会社ブレーンセンター取締役)
内野 崇(学習院大学名誉教授/株式会社関電工取締役)
 
 
 

人事部門責任者フォーラム

各回に共通する大テーマは、
「いま日本の人事システム・人材育成のあり方は、根本的な 変革を迫られています。その変革の方向とシナリオは?」です。
各業界を代表する企業同士の親密なネットワーク作り、他社に率直な相談ができるコミュニケーションインフラの提供、経営と人事と育成に関わる本質的でかつ鮮度の高い問題提起の場を提供、新しい経営・人事情報の共有、新しい発想・アイデアのきっかけづくりをめざします。
 
*コーディネータ
斎藤 智文(淑徳大学経営学部教授/筑波大学大学院国際日本研究専攻シニアフェロー)
内野 崇(学習院大学名誉教授/株式会社関電工取締役)
島岡 未来子(神奈川県立保健福祉大学大学院教授/早稲田大学政治経済学術院教授) 
 
*アドバイザー
今野 浩一郎 (学習院大学名誉教授)
守島 基博 (学習院大学経済学部教授)
 
TOPへ戻る