一般社団法人経営研究所|国内外の企業の―経営マネジメント、ガバナンス、戦略、組織・人事、育成等|東京都千代田区

 

企業イノベーション研究会

 

例会のご案内

例会のご案内
1
 
企業イノベーション研究会 2018年9月例会のご案内
2018-09-04

企業イノベーション研究会 会員各位
 
初秋の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2018年9月例会(2018年度第5回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。 
 
----------------------------
『企業イノベーション研究会 9月例会』 開催ご案内
 
日 時 : 2018年 9月 20日(木) 18:00~20:30   
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「 働き方改革と人材育成 ~創造性を高め、人事イノベーションにつなげるためには~ 」
提言者 : 山本 寛氏(青山学院大学経営学部教授)

 【概要】
働き方改革を労働生産性向上、企業業績向上につなげていくには人材育成が必須です。
本講演では、両者の関係を、
①働き方改革の人材育成への影響、
②働き方改革による人材育成効果を高めるため事前に必要な人材育成、
③働き方改革による労働生産性向上効果を高めるため必要な人材育成、
④働き方改革による企業業績向上効果を高めるため必要な人材育成
の4段階に分け、創造的業務を担い人事イノベーションにつながる④に
どのように進めていくかについて論じます。
 
【研究会コーディネータからのご連絡】
今回の例会では、青山学院大学経営学部の山本寛教授に、現在、皆様の会社の多くで導入や定着が
図られつつある「働き方改革」の問題を取り上げ、話題をご提供いただきます。山本先生は、
現在、「働き方改革フォーラム」(日経BP社・日経BP総研)の委員長を務められるなど、働き方改革の
取り組みに関する数多くの事例に触れられていると同時に、学者として先導的な役割を果たしています。
この例会でも、実務・研究の両面から、豊富な事例やデータをもとにお話しいただけるものと思います。
また、先生は、働き方改革の問題のみならず、広く人材マネジメント研究の第一人者です。
直近では、『なぜ、御社は若手が辞めるのか』、『「中だるみ社員」の罠』(ともに日経プレミアシリーズ:新書)と
題するご著書を出され、メディアでも取り上げられるなど、注目を集めています。
昨今の働き方改革の議論では、長時間労働是正や有給休暇取得など、特定の取り組みの導入ポイントや
導入後の問題や改善などオペレーション上の部分に焦点を当てたものがよく見受けられます。
しかし、働き方改革の取り組みをどのように個人や職場、ひいては企業のイノベーションに
つなげていくかについては必ずしも十分な議論がなされていません。働き方改革により、企業が
個人の創造性をいかに引き出せるのか、またいかに組織的な広がりをもたせることが可能なのか、この点は
これからの働き方改革の重要課題の1つでしょう。
9月の例会では、山本先生のご提言をもとに、その課題について皆様と一緒に議論したいと思います。
是非、ふるってご参加ください。
 
※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
日 時 :   2018年10月15日(月) 18:00~20:30
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ  : 「経営戦略としての働き方改革 」
提言者  : 小室 淑恵氏(株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長)

【コーディネーター】
淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
  竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)

                                                            企業イノベーション研究会担当 木村
 
 
―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
企業イノベーション研究会 2018年7月例会のご案内
2018-06-27
企業イノベーション研究会 会員各位

梅雨の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2018年7月例会(2018年度第4回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。 

----------------------------
 『企業イノベーション研究会 7月例会』 開催ご案内
 
 日 時 : 2018年 7月 9日(月) 18:00~20:30   
 場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
 テーマ : 「 見えないビジネスモデル 」
 提言者 : 山田 英夫  氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)

 【概要】
 事業の成熟に伴い、自社のビジネスモデルを見直す動きが増えてきた。
 しかしベンチャー企業がゼロからビジネスモデルを構築するよりも、既存事業を持つ企業が、
 新たなビジネスモデルを構築する方が、はるかに難しい。
 ビジネスモデルの構築においては、オスターワルダーらが考案した「ビジネスモデルキャンバス」が、
 最も使われている。このキャンバスは、①価値提案、②顧客との関係、③顧客セグメント、
 ④チャネル、⑤収入の流れ、⑥パートナー、⑦主要活動、⑧リソース、⑨コスト構造の
 9つのブロックを埋めていくことで完成する。この方法は、組織メンバーの英知を集め、
 集団で意思決定していく日本企業のスタイルともフィットし、普及しているが、このキャンバスから
 画期的なビジネスモデルが生まれたという話は、あまり聞こえてこない。
 その1つの理由として、キャンバスのブロックの①~⑥の6つは、マーケティングそのものであり、
 マーケティングに関しては、参考になる書籍や知見は多数ある。しかし一方これらは競合他社からも
 観察可能で、儲かると見えれば、すぐに同質化(真似)される可能性が高い。
 素晴らしいビジネスモデルを構築しても、競合が同質化した瞬間に、価格競争に陥ってしまう例さえある。
 成功するビジネスモデルを構築するためには、外から眺めただけでは分からない「見えない仕組み」を
 持つことが必要である、本講演では、こうした見えない仕組みに焦点を当て、とりわけ重要な「コスト」優位と
 「競争」優位の仕組みについて、日本企業の企業事例を踏まえて、解説する。
 「コスト優位」は単なるコストダウンではなく、「競争優位」は単に最大の資源を勝つことでもない。
 見えない仕組みを持ったモデルこそが、持続的に利益を上げ続けていけるビジネスモデルになると言えよう。

【研究会コーディネータからのご連絡】
 企業イノベーション研究会7月例会は、早稲田大学ビジネススクールの山田英夫教授に、
 「見えないビジネスモデル」というテーマでご提言いただきます。
 ビジネスモデルの創造は、製品や技術の革新とは異なるレベルのイノベーションです。
 山田先生は、長年にわたり、早稲田大学ビジネススクールやさまざまな企業研修において、
 経営戦略の講義をされてきました。豊富な事例をもとに、深い洞察とわかりやすい説明で大変高い評価を
 博していらっしゃいますし、数多くの経営戦略のご著書も出されています。
 その山田先生が昨年、『成功企業に潜む ビジネスモデルのルール――見えないところに競争力の秘密がある』
 というご著書を出版されました。
 タイトルにあるように、ビジネスモデルが成功するためには、さまざまな行動の組み合わせ、
 システムを考えてビジネスモデルを構築するだけでなく、他社からの競争圧力をうけないような見えない仕組みが
 必要でしょう。これは、ビジネスモデルを、競争戦略のコンテクストの中で理解することにほかなりません。
 多くの企業にとって、新しいビジネスモデル、しかも成功するビジネスモデルを考え出すことは大変重要な課題でしょう。
 7月の例会は、山田先生のご提言をもとに、その課題について皆さんで議論したいと思います。
 是非、ふるってご参加ください。
 
※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
 是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
 ★8月は休会です★
 日 時 :   2018年9月20日(月) 18:00~20:30
 場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
 テーマ  : 「人事イノベーション~働き方改革・人づくり革命の本質を探る~ 」
 提言者  : 山本 寛氏(青山学院大学経営学部教授)

【コーディネーター】
 淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
   竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)

                                                            企業イノベーション研究会担当 木村
 
―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
 
企業イノベーション研究会 2018年6月例会のご案内
2018-05-31
企業イノベーション研究会 会員各位

薄暑の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2018年6月例会(2018年度第3回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。 

----------------------------
『企業イノベーション研究会 6月例会』 開催ご案内
 
日 時 : 2018年6月18日(月) 18:00~20:30   
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「中国産業イノベーションの現状 -個別企業に見る中国企業の伸長と方向性ー」
提言者 : 藤代 康一  氏 (株式会社三井物産戦略研究所研究員)

【概要】
中国は、今や米国に匹敵するイノベーション大国。
デジタルトランスフォーメーション(DT)は日本の遥か先を進み、新たな経済圏が拡大している。
中国のイノベーションに、日本企業がどのように対処すれば良いか、その着眼点やチャンスを実例をもとに探る。

【研究会コーディネータからのご連絡】
企業イノベーション研究会6月例会は、株式会社三井物産戦略研究所研究員の藤代康一氏に、
「中国産業イノベーションの現状-個別企業に見る中国企業の伸長と方向性ー」というテーマで
ご提言いただきます。藤代氏は、中国とりわけ深センでの調査を頻繁にされており、そのイノベーション事情に
精通されていらっしゃいます。4月例会の淺羽からの問題提起の際にも触れましたが、中国では、
おびただしい数のスタートアップが生まれ、その中から少なくないユニコーン企業が生まれています。
その1つの拠点が深センで、シリコンバレーにも勝るとも劣らないイノベーション創出地域になっています。
他方、既存大企業であるBAT(Baidu、Alibaba、Tencent)は、スタートアップを買収することによって
成長を維持・加速しています。中国はNational Innovation Systemを変革し、新しいシステムを
生み出したといえます。このようなダイナミックな現象を、現地の情報を豊富にお持ちの藤代さんから
聞くことができるチャンスです。是非ふるってご参加ください。
 

※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
日 時 :   2018年7月9日(月) 18:00~20:30
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ  : 「見えないビジネスモデル」
提言者  : 山田 英夫  氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)

【コーディネーター】
淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)

                                                         企業イノベーション研究会担当 木村
 
―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
 
企業イノベーション研究会 2018年5月例会のご案内
2018-04-23
企業イノベーション研究会 会員各位

晩春の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2018年5月例会(2018年度第2回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。 

------------------------------
『企業イノベーション研究会 5月例会』 開催ご案内

日 時 : 2018年5月24日(木) 18:00~20:30   *曜日変更
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「デジタル化と既存企業の対応戦略」
提言者 :   根来 龍之  氏 (早稲田大学大学院教授/早稲田大学IT戦略研究所所長)

【概要】
デジタル化によって、多かれ少なかれ既存企業はビジネスモデルの変化を強いられている。
まずデジタル化とは何なのかについて考える。次に、デジタル化に対する既存企業の対応戦略について議論する。
デジタル化は時に既存ビジネスモデルと矛盾する場合がある。
この場合に既存企業の対応は「狭い幅の選択肢」をどうとるかという問題となる。
 
※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
 日 時  :   2018年6月18日(月) 18:00~20:30
 場 所  : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
 テーマ  : 「ITとイノベーション」(仮)
 提言者  : 藤代 康一  氏 (株式会社三井物産戦略研究所 研究員)

【コーディネーター】
 淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
  竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 
 

                                                            企業イノベーション研究会担当 木村
 
 
―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
 
企業イノベーション研究会 2018年4月例会のご案内
2018-03-30
企業イノベーション研究会 会員各位
 
桜花の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2019年4月例会(2018年度第1回)を下記要項にてご案内申し上げます。
 
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
------------------------------
『企業イノベーション研究会 4月例会』 開催ご案内
 
日 時 : 2018年4月16日(月) 18:00~20:30   
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「イノベーションをめぐる様々なイシュー」
提言者 : 淺羽 茂 氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
     竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 

【概要】
今日の日本企業にとって、最も重要なイシューの1つはイノベーションである。インターネット、AI、
IoTといった新技術が、われわれの生活や企業経営に大きなインパクトをもたらしているからである。
この最重要課題であるイノベーションについて、様々な角度から考えてみようというのが、
2018年度から新たにスタートする「企業イノベーション研究会」である。
今回は、イノベーションに関して、考えてみるべきさまざまな問題、論点を挙げ、それについて議論することによって、
1年間の研究会のオーバービューをすると同時に、研究会メンバーの問題意識のすり合わせを行う。
(1)新技術をもとに新しい製品、サービス、ビジネスモデルが次々と生まれている。
技術革新はどのように起きるのか。 いかにして、新技術をもとにビジネスモデルを創造したり、新たな競争戦略を
考え出したりすればよいのか。その際に注意すべきことなどを議論する。
キーワード:技術革新、ビジネスモデル創造、オープンイノベーション
(2)既存企業にとって、イノベーションを継続的に起こすことは簡単なことではない。なぜ企業がイノベーティブで
あり続けるのは難しいのか、企業組織をイノベーティブにするためにはどうしたらよいのかを考える。
キーワード:イノベーターのジレンマ、ambidexterity
(3)イノベーションとは、技術革新だけではない。働き方、企業組織の変革、他企業や組織との新しい関係づくり
といったことも、イノベーションに他ならない。人や組織のイノベーションが、生産性を向上させ、企業の競争力を
高めると同時に、働く人々の効用も増大させる。人と組織の面でのイノベーションについて議論する。
キーワード:働き方改革、組織変革、entrepreneurship
 
※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
日 時  :   2018年5月24日(木) 18:00~20:30 *曜日変更
場 所  : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「ITとイノベーション」(仮)
提言者  : 根来 龍之  氏 (早稲田大学大学院教授)

【コーディネーター】
 淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
   竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 
 

                                                            企業イノベーション研究会担当 木村
 
 
―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
 
グローバル経営研究会 2018年3月例会のご案内
2018-02-26
グローバル経営研究会 会員各位
 
軽暖の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2018年3月例会(2017年度第11回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。

------------------------------
『グローバル経営研究会 3月例会』 開催ご案内
 
日 時 : 2018年3月19日(月) 18:00~20:30   
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「東アジア国際分業の変貌と日本企業:継続課題と新たな挑戦」
提言者 : 木村 福成 氏
(慶応義塾大学経済学部教授/東アジア・アセアン経済研究センターチーフエコノミスト)
 
【概要】
 東アジアは、過去30年間、機械産業を中心とする国際的生産ネットワークの形成において、
 世界をリードしてきた。しかし、生産ネットワークの浸透度は国・地域によって大きく異なり、
 その拡大・深化は引き続き重要課題である。それに加え、過去数年、東アジアにも
 デジタルエコノミーの波が押し寄せてきた。東アジアの開発戦略はどう改変されるのか、
 日本企業はどのように対応していくべきなのかについて、議論する。
 
※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
 是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
*会員の皆様に先日ご案内させて頂きました通り、研究会の名称が変更となります。
 第1回 企業イノベーション研究会
 日 時 :   2018年4月16日(月) 18:00~20:30
 場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
 テーマ  : 「イノベーションをめぐる様々なイシュー」
 提言者  : 淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
       竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 

【コーディネーター】
 淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
  竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 
 
                                                            グローバル経営研究会担当 木村
 
―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
グローバル経営研究会 2018年2月例会のご案内
2018-01-23
グローバル経営研究会 会員各位
 
寒冷の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2018年2月例会(2017年度第10回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。
 
------------------------------
『グローバル経営研究会 1月例会』 開催ご案内
 
日 時 : 2018年2月19日(月) 18:00~20:30   
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「わが国製造企業の海外事業展開に関する調査報告(海外直接投資アンケート結果)」
提言者 : 大矢 伸 氏(株式会社国際協力銀行 業務企画室審議役)
 
【概要】
  国際協力銀行が纏めた製造業のアンケート調査結果では、日本企業の海外強化姿勢が前年より弱まった。
  有望国ランキングは、1位中国・2位インドとなると共に、トランプ政権の誕生はメキシコでの事業展開に
  負の影響を与え、また、製造業のサービス提供は、「メンテナンス」「コンサルティング」は
  相当実施されているものの「IOTを活用した価値提供」はあまり実施されておらず、課題としては
  「競争が激しい」と並び「専門的な人材がいない」という結果となった。
 
※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
 是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
 日 時 :   2018年3月19日(月) 18:00~20:30
 場  所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
 テーマ: 「アジア経済と日本企業 -課題と展望-」(仮)
 提言者: 木村 福成 氏(慶応義塾大学大学院経済学研究科委員長・経済学部教授)

【コーディネーター】
 淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
   竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 
                                                            グローバル経営研究会担当 木村
 
―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
グローバル経営研究会 2018年1月例会のご案内
2017-12-21
グローバル経営研究会 会員各位
 
師走の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2018年1月例会(2017年度第9回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。
------------------------------
『グローバル経営研究会 1月例会』 開催ご案内
 
日 時  : 2018年 1月15日(月) 18:00~20:30   
場 所  : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「センスと自信なしでは戦えない~クールジャパン事業世界展開の課題~」
提言者 : 太田 伸之 氏
     (クールジャパン機構<株式会社海外需要開拓支援機構>代表取締役社長)
 
【概要】
 日本のクリエーションやワザ、生活文化をただ世界に売り込むのがクールジャパン事業と考えてはいけない。
 事業である以上、コンテンツであれ食文化であれ世界市場で利益をあげてこそ意味がある。
 政策的な意義を確認しつつ、その点を重視して投資の可否かを判断している。投資先に常に求めるのは、
 世界の人々を感動させる表現の工夫と、その商品やサービスの素晴らしさを自信を持って丁寧に説明すること。
 満足な説明なしにすぐ値引きする姿勢は改善したい。

※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
 是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
 日 時  :   2018年2月19日(月) 18:00~20:30
 場所   : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
 テーマ  : 「わが国製造企業の海外事業展開に関する調査報告(海外直接投資アンケート結果)」
 提言者  : 大矢 伸 氏(株式会社国際協力銀行 業務企画室審議役)

【コーディネーター】
 淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 竹内 規彦  氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 
 
 
                                                            グローバル経営研究会担当 木村
―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
グローバル経営研究会 12月例会のご案内
2017-11-20
グローバル経営研究会 会員各位

向寒の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2017年12月例会(2017年度第8回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。
 
------------------------------
『グローバル経営研究会 12月例会』 開催ご案内
 
日 時 : 2017年 12月18日(月) 18:00~20:30   
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「NTTコミュニケーションズのグローバル事業戦略」
提言者 : 前田 隆伸 氏
      (NTTコミュニケーションズ株式会社取締役グローバル事業推進部長)

【概要】
グローバルに広がる市場において、お客様が積極的に進めておられる
「デジタルトランスフォーメーション」に対する取り組みに貢献するため、
当社は、「Transform. Transcend. Service Strategy」というサービス戦略に基づき、
グローバルにシームレスなICTサービスを提供しています。
ここでは、そのサービスの競争力を高めるために推し進めている「ファクトリーモデル」
についてご紹介させていただき、グローバルレベルでのグループマネジメントについて
議論させていただきます。

※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
 是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
 日 時 :   2018年1月15日(月) 18:00~20:30
 場  所  : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
 テーマ  : 「センスと自信なしでは戦えない~クールジャパン事業世界展開の課題~」(仮)
 提言者  : 太田 伸之 氏(クールジャパン機構<株式会社海外需要開拓支援機構>代表取締役社長)

【コーディネーター】
 淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)

                                                            以上
                                                          グローバル経営研究会担当 木村

―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
 
グローバル経営研究会 11月例会のご案内
2017-10-19
グローバル経営研究会 会員各位

秋雨の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
2017年11月例会(2017年度第7回)を下記要項にてご案内申し上げます。
宜しくお願い致します。
------------------------------
 
『グローバル経営研究会 11月例会』 開催ご案内
 
日 時 : 2017年 11月13日(月) 18:00~20:30   
場 所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「ダイバーシティ・マネジメントと国際人的資源管理:理論から実践へ」
提言者 : 関口 倫紀 氏 (京都大学経営管理大学院 教授)
【概要】
日本企業はこれまで「オペレーションの国際化」には成功してきましたが、人的資源管理を含む
「マネジメントの国際化」については道半ばだと言われています。国内外におけるマネジメントの
国際化を成功させるためのカギは、ダイバーシティ・マネジメントを効果的に行う能力です。
そこで、当該分野の学術的理論と研究を展望することで、ダイバーシティを業績に結び付けるための
条件とそのメカニズムについての理解を深め、日本企業の国際人的資源管理の今後の方向性について
考えてみたいと思います。
 
※ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
関係部署にお知らせいただき、登録会員以外の方に参加していただくことも可能ですので、
是非研究会にご出席いただきたくよろしくお願い申し上げます。
 

【次回予定】
日 時  :   2017年12月18日(月) 18:00~20:30
場  所 : 経営研究所 会議室 (丸の内 三菱ビルB1階)
テーマ : 「NTTコミュニケーションズのグローバル戦略」(仮)
提言者 : 前田 隆伸 氏(NTTコミュニケーションズ株式会社取締役グローバル事業推進部長)

【コーディネーター】
淺羽 茂   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
竹内 規彦   氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
 
                                                           グローバル経営研究会担当 木村

―――――――――――――――――
一般社団法人 経営研究所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
―――――――――――――――――
1
<<一般社団法人経営研究所>> 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB1F TEL:03-5220-2881 FAX:03-3217-0208