一般社団法人経営研究所|国内外の企業の―経営マネジメント、ガバナンス、戦略、組織・人事、育成等|東京都千代田区

 

AI-Workout塾

 

年間プログラムの印刷

年間プログラムの印刷
 
 

2018年後期テーマ『AIの本質を理解/自社新事業を企画/ノウハウと成果物』

2018年後期テーマ『AIの本質を理解/自社新事業を企画/ノウハウと成果物』
 
全ての産業・サービスの基盤が、IT技術、とりわけAIをコアにした技術と、そのネットワークに移行しつつある。そうした背景を前提に、「AIテクノロジー」を事業に組み込み、自社に変革をもたらすためのイノベーション・ワークショップ(第2期)を開催する。その狙いは、①最新AI技術の知識を習得できること、②最新イノベーション手法を体験しながら学べること、③自社製品サービスにAI技術を付加したイノベーションの企画が生まれること、の3つであり、この領域の第一人者たる斉藤徹(イノベーション担当)、森英悟(AIテクノロジー担当)、吉田直可(ビジネスモデル特許、知的所有権の担当)による実践型のワークショップである。
 
 
 

期間、日程と時間(毎月2回、全10回)18:30~20:40

期間、日程と時間(毎月2回、全10回)18:30~20:40
 
  ☑ AI最前線を学び
  アイデアを発案する
   第01回 2018年11月14日(水)
「AIの最前線と法的リスクを学ぶ」
 機械学習を中心に、AIの基本と法的リスクを学ぶ
   第02回 2018年11月28日(水) 「AI事例を学び、アイデアを発想する 1」
 AI活用事例を学び、自社への応用を考える
   第03回 2018年12月12日(水) 「AI事例を学び、アイデアを発想する 2」
 AIを活用した自社の事業アイデアを自由に発想する
   第04回 2018年12月26日(水) 「AI事業のアイデアを集約する」
 AIを活用した自社の事業アイデアを集約し一つに絞る
  ☑ ジョブ理論で
  サービスを企画する
   第05回 2019年01月09日(水) 「顧客のジョブと理想の体験を探る」
 顧客のジョブを設定し、カスタマージャーニーを考える
   第06回 2019年01月23日(水) 「ジョブを解決するサービスを考案する」
 顧客のジョブを解決するサービスの体系を考案する
   第07回 2019年02月13日(水) 「プロトタイプ(モック)を企画する」
 画面遷移を企画し、プロトタイプ(モック)を制作する
  ☑ ビジネスモデルを考案する
   第08回 2019年02月27日(水)
「プロトタイプからコストを見積もる」
 プロトタイプを発表し、概算の費用を見積もる
   第09回 2019年03月13日(水) 「ビジネスモデルを考案する」
 ビジネスモデルの全体像を考案する
  ☑ 成果を発表する
   第10回 2019年03月27日(水) 「Demo Day」
 事業責任者を招待し、プレゼンテーションを行う
 

講師 紹介

講師 紹介
 
斉藤 徹
学習院大学経済学部経営学科 特別客員教授 / 株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役
<プロフィール>
1961年生まれ。慶応義塾大学理工学部を卒業後、日本IBMに技術職として入社。29才でフレックスファームを創業して起業家に。ベストセラー『ソーシャルシフト』はじめ著書多数。2005年に創業したループス・コミュニケーションズは、テレビ放送局、自動車メーカー、外資系ソフト会社、スーパーチェーンなどを顧客に持ち、コンサルティングを通じて透明な時代におけるビジネス改革を提言している。2016年4月に学習院大学の特別客員教授に就任。「起業論」「インキュベーション塾」等の実践的な講義は、学生たちから熱い支持を受けている。
 
森 英悟
北海道大学大学院博士後期課程単位取得退学 工学博士/ 株式会社Sigfoss 代表取締役
<プロフィール>
1968年生まれ。自然言語処理に関する研究で学位取得。日本IBM、NOKIA(フィンランド)、東証第一部企業の代表取締役を経て、2014年にSigfossを創立。高精度画像認証システム、クラウド型企業向けシステム、ソーシャルゲーム、ファイナンシャルデータなどのビッグデータ解析、自己組織型学習システムの自然言語処理、画像処理への応用など最先端の技術を導入したシステム開発を手がける。近年は大手企業を中心に、ディープラーニング技術により人事やマーケティングデータ、動画像の解析を行い、ビジネス面で大きな成果をあげている。
 
吉田 直可
法律事務所愛宕山所属弁護士/明治大学自動運転社会総合研究所特別研究員(自動運転AI、医療AI研究)
<プロフィール>
1981年生まれ。2008年に弁護士として登録(東京弁護士会)、2012年に法律事務所愛宕山を開設。2018年4月に明治大学の自動運転社会総合研究所にて特別研究員に就任。社会実装部会部会長、医療AI部門部会長として、自動運転分野や医療分野におけるAI活用のリスク管理を専門とする研究を行う。成蹊大学法科大学院、明星大学情報学部、サイバー大学IT総合学部において非常勤講師として教壇に立つ他、経済産業省・国土交通省委託事業「自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究」に関する協力委員も担当している。
 
 

参加お申込方法

参加お申込方法
 
年会費  1社 300,000円(経営研究所維持会員は10%割引、分納可)
申込方法 当サイトの参加お申込みフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。
     E-mailやFAXでも受け付けております。
     参加は会社単位で、1社3名の会員の登録ができます。
     ワークショップには3名迄ご出席頂けます。登録者以外の代理出席はご遠慮いただいております。
連絡先  一般社団法人 経営研究所 事務局
     〒100-0005東京都千代田区丸ノ内2-5-2 三菱ビルB1F 
     TEL 03-5220-2881 FAX 03-3217-0208
     E-mail keieikenkyusho@keieik.or.jp 
     URL  http://www.keieik.or.jp/
 
<<一般社団法人経営研究所>> 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB1F TEL:03-5220-2881 FAX:03-3217-0208