本文へ移動
0
7
1
6
3
3
 

自動車とモビリティの未来を考える研究会

例会のご案内

「自動車とモビリティの未来を考える研究会」7月例会のご案内
2020-06-19
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位
 
日頃より、経営研究所をご支援くださいまして、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスの影響で、当研究会につきましても
状況の推移を見ながら対応を検討し、5月よりオンラインにて再開しております。
 
さて、2020年7月例会を下記要項にてご案内申し上げます。
開催形式は基本オンライン-Zoomと致します。研究所にお越しいただく必要はありません。
御多忙かとは存じますが、多くの会員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 
----------------------------------------------
                                                                記
 
「自動車とモビリティの未来を考える研究会 7月例会」 開催ご案内
 
 日 時:  2020年7月10日(金) 18:00~19:30
 テーマ: 「世界のバーチャルエンジニアリング実態と日本の課題
       ~IT /Digital 技術「駆使」の開発とモノづくり~」
 提言者: 内田 孝尚氏(東京電機大学 工学部 非常勤講師/一般社団法人日本機械学会 フェロー/
            元本田技術研究所シニアエキスパート)
 
 概 要:21世紀に入り、世界の製品開発、ものづくりが大きく変革した。従来は“設計の全仕様”、
     “製造の全要件”は量産寸前までに決められていたが、コンセプト、企画、検討の段階で
     設計仕様が従来以上のレベルで決まる技術と基盤が動き出した。これが「バーチャルエン
     ジニアリング(VE)」であり、その推進のための規格、データ保証、契約ルール、教育等
     の社会システムが既に動いている。このVE技術と社会システムが連携した世界の動きと、
     日本の課題を解説する。

【提言者 内田 孝尚(うちだ・たかなお)氏のプロフィール】
 東京電機大学非常勤講師
 1979年㈱本田技術研究所入社。2018年同社退社。
 現在、雑誌・書籍などマスメディアや、日本機械学会等のセミナーを通じて設計・開発・ものづくりに
 関する評論活動に従事。
 MSTC主催のものづくり技術戦略Map検討委員会委員(2010年)、ものづくり日本の国際競争力強化戦略
 検討委員会委員(2011年)、機械学会“ひらめきを具現化するSystems Design”研究会設立(2014年)
 及び幹事を歴任。博士(工学)、日本機械学会フェロー。
 主な著書は『バーチャル・エンジニアリング』(2017年)、『バーチャル・エンジニアリングPart2』
 (2019年)、『ワイガヤの本質』(2018年)、「バーチャルエンジニアリングの衝撃」(雑誌『機械設計』
 連載中)、いずれも日刊工業新聞社。
 参考情報:英文電子ジャーナルJapan SPOTLIGHT掲載原稿
      https://www.jef.or.jp/journal/pdf/231st_Cover_Story_03.pdf
      日本語版
      https://www.jef.or.jp/Takanao_Uchida_2020_5-6.pdf
      日本語版の位置付け説明
      https://www.jef.or.jp/featured/

■ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 登録者以外の代理出席も可能です。多くの会員皆様のご参加をお待ち致しております。

【次回予定】
 日 時:2020年8月21日(金) 18:00~19:30
 テーマ:「コンソーシアムベースの標準化プロセス
      :AUTOSARを事例とした2段階集合行為モデルに関する試論」
 提言者:糸久 正人氏(法政大学社会学 准教授/ペンシルバニア大学ウォートン校 客員准教授)
     藤本 隆宏(東京大学大学院経済学研究科 教授)

■コーディネータ
 藤本 隆宏(経営研究所所長・東京大学大学院経済学研究科教授)
 青島 矢一(一橋大学イノベーション研究センター教授・センター長)
 西野 浩介(株式会社三井物産戦略研究所 産業情報部産業調査第一室室長)
 河野 英子(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
■オブザーバー
 ダニエル・ヘラー(中央大学国際経営学部特任教授)
 
                                        以上
 
                   自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
TOPへ戻る