本文へ移動
0
7
3
8
0
0
 

自動車とモビリティの未来を考える研究会

例会のご案内

「自動車とモビリティの未来を考える研究会」1月例会のご案内
2021-12-24
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位

日頃より、経営研究所をご支援くださいまして、誠にありがとうございます。
自動車とモビリティの未来を考える研究会1月例会を下記要項にてご案内申し上げます。
開催形式は基本オンライン-Zoomと致します。研究所にお越しいただく必要はありません。
御多忙かとは存じますが、多くの会員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。

----------------------------------------------
                 記

「自動車とモビリティの未来を考える研究会 1月例会」 開催のご案内

 日 時: 2022年1月19日(水) 18:30~20:00 
 提言者:湯 進氏(上海工程技術大学客員教授)
 テーマ:「中国電動化シフトの最前線~政策・市場の変化、電池の争奪戦及び日本企業の対応」

 概 要:中国の国策として推進する新エネルギー車(NEV)の販売台数は2021年に初めて300万台を超えた。
     中国政府が従来の内燃機関車を2035年に全廃する姿勢を示した中、日米欧自動車メーカーや新興
     EVメーカーに加え、大手IT・インフラ関連企業もEV業界に参入し、中国電動化シフトは着実に
     進行していると見受けられる。本研究会では、中国電動化シフトの現在地、「世界の電池製造工場」
     の実態を分析し、日本企業の中国ビジネスを展望する。


■コーディネータ
 藤本 隆宏(経営研究所所長・東京大学名誉教授・早稲田大学教授
       一般社団法人 ものづくり改善ネットワーク 代表理事)
 青島 矢一(一橋大学イノベーション研究センター教授・センター長)
 西野 浩介(株式会社三井物産戦略研究所 産業情報部産業調査第一室シニア研究フェロー)
 河野 英子(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
■オブザーバー
 ダニエル・ヘラー(中央大学国際経営学部特任教授)

                                        以上
 
                   自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
TOPへ戻る