一般社団法人経営研究所|国内外の企業の―経営マネジメント、ガバナンス、戦略、組織・人事、育成等|東京都千代田区

 

自動車とモビリティの未来を考える研究会

 

例会のご案内

例会のご案内
 
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」8月例会のご案内
2020-07-29
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位
 
日頃より、経営研究所をご支援くださいまして、誠にありがとうございます。
自動車とモビリティの未来を考える研究会8月例会を下記要項にてご案内申し上げます。
例年8月は休会としておりましたが、既にご案内を差し上げておりますとおり
新型コロナウイルスの影響で延期となっておりました4月例会を8月例会とし開催致します。

御多忙かとは存じますが、多くの会員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 
----------------------------------------------
                                                                記
 
「自動車とモビリティの未来を考える研究会 8月例会」 開催ご案内
 
 日 時:  2020年8月21日(金) 18:00~19:30
 テーマ:「コンソーシアムベースの標準化プロセス
      :AUTOSARを事例とした2段階集合行為モデルに関する試論」
 提言者:糸久 正人氏(法政大学社会学 准教授/ペンシルバニア大学ウォートン校 客員准教授)
     藤本 隆宏(東京大学大学院経済学研究科 教授)
 
 概 要:製品システムの巨大化・複雑化に伴い、企業の枠を越えた「オープンな技術標準」の
     重要性がより一層増大している。近年、こうした技術標準は、欧州企業を中心とした
     「コンソーシアムベースの標準化」で形成される場合が多い。しかし、コンソーシア
     ムベースの標準化には、成果物としての技術標準(仕様)はオープンであるために、
     フリーライドすることが合理的であるという「集合行為の問題(collective action
     problem)」が発生する。さらに、技術標準の形成から社会実装まで非常に長いプロ
     セスを要し、標準の形成段階と導入段階で、集合行為の問題の性質が変容する。
     本報告では、こうした標準化プロセスを「競馬レース」のアナロジーからモデル化を
     試みて、各ステージにおいて、どのような企業が、どのようなモチベーションで標準
     化をリードするのか、という問題を車載ソフトウェアの標準化「AUTOSAR」の事例から
     考えてみたい。
 
 
■ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 登録者以外の代理出席も可能です。多くの会員皆様のご参加をお待ち致しております。

 
■コーディネータ
 藤本 隆宏(経営研究所所長・東京大学大学院経済学研究科教授)
 青島 矢一(一橋大学イノベーション研究センター教授・センター長)
 西野 浩介(株式会社三井物産戦略研究所 産業情報部産業調査第一室室長)
 河野 英子(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
■オブザーバー
 ダニエル・ヘラー(中央大学国際経営学部特任教授)
 
                                        以上
 
                   自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
 
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」7月例会のご案内
2020-06-19
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位
 
日頃より、経営研究所をご支援くださいまして、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスの影響で、当研究会につきましても
状況の推移を見ながら対応を検討し、5月よりオンラインにて再開しております。
 
さて、2020年7月例会を下記要項にてご案内申し上げます。
開催形式は基本オンライン-Zoomと致します。研究所にお越しいただく必要はありません。
御多忙かとは存じますが、多くの会員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 
----------------------------------------------
                                                                記
 
「自動車とモビリティの未来を考える研究会 7月例会」 開催ご案内
 
 日 時:  2020年7月10日(金) 18:00~19:30
 テーマ: 「世界のバーチャルエンジニアリング実態と日本の課題
       ~IT /Digital 技術「駆使」の開発とモノづくり~」
 提言者: 内田 孝尚氏(東京電機大学 工学部 非常勤講師/一般社団法人日本機械学会 フェロー/
            元本田技術研究所シニアエキスパート)
 
 概 要:21世紀に入り、世界の製品開発、ものづくりが大きく変革した。従来は“設計の全仕様”、
     “製造の全要件”は量産寸前までに決められていたが、コンセプト、企画、検討の段階で
     設計仕様が従来以上のレベルで決まる技術と基盤が動き出した。これが「バーチャルエン
     ジニアリング(VE)」であり、その推進のための規格、データ保証、契約ルール、教育等
     の社会システムが既に動いている。このVE技術と社会システムが連携した世界の動きと、
     日本の課題を解説する。

【提言者 内田 孝尚(うちだ・たかなお)氏のプロフィール】
 東京電機大学非常勤講師
 1979年㈱本田技術研究所入社。2018年同社退社。
 現在、雑誌・書籍などマスメディアや、日本機械学会等のセミナーを通じて設計・開発・ものづくりに
 関する評論活動に従事。
 MSTC主催のものづくり技術戦略Map検討委員会委員(2010年)、ものづくり日本の国際競争力強化戦略
 検討委員会委員(2011年)、機械学会“ひらめきを具現化するSystems Design”研究会設立(2014年)
 及び幹事を歴任。博士(工学)、日本機械学会フェロー。
 主な著書は『バーチャル・エンジニアリング』(2017年)、『バーチャル・エンジニアリングPart2』
 (2019年)、『ワイガヤの本質』(2018年)、「バーチャルエンジニアリングの衝撃」(雑誌『機械設計』
 連載中)、いずれも日刊工業新聞社。
 参考情報:英文電子ジャーナルJapan SPOTLIGHT掲載原稿
      https://www.jef.or.jp/journal/pdf/231st_Cover_Story_03.pdf
      日本語版
      https://www.jef.or.jp/Takanao_Uchida_2020_5-6.pdf
      日本語版の位置付け説明
      https://www.jef.or.jp/featured/

■ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 登録者以外の代理出席も可能です。多くの会員皆様のご参加をお待ち致しております。

【次回予定】
 日 時:2020年8月21日(金) 18:00~19:30
 テーマ:「コンソーシアムベースの標準化プロセス
      :AUTOSARを事例とした2段階集合行為モデルに関する試論」
 提言者:糸久 正人氏(法政大学社会学 准教授/ペンシルバニア大学ウォートン校 客員准教授)
     藤本 隆宏(東京大学大学院経済学研究科 教授)

■コーディネータ
 藤本 隆宏(経営研究所所長・東京大学大学院経済学研究科教授)
 青島 矢一(一橋大学イノベーション研究センター教授・センター長)
 西野 浩介(株式会社三井物産戦略研究所 産業情報部産業調査第一室室長)
 河野 英子(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
■オブザーバー
 ダニエル・ヘラー(中央大学国際経営学部特任教授)
 
                                        以上
 
                   自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
 
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」6月例会のご案内
2020-05-27
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位
 
日頃より、経営研究所をご支援くださいまして、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスの影響で、当研究会につきましても
状況の推移を見ながら対応を検討し、5月よりオンラインにて再開しております。
 
5月は例会に加え、皆様に経営研究所挙げての緊急特別企画をご案内し、実施致しました。
迫力あるメッセージ満載にて、ご参加の皆様には大変好評でございました。
(参加者のご感想など、下記URLよりご覧いただけます。
http://www.keieik.or.jp/publics/index/1/&anchor_link=page1_755#page1_755 )
 
さて、2020年6月例会を下記要項にてご案内申し上げます。
開催形式は基本オンライン-Zoomと致します。研究所にお越しいただく必要はありません。
進め方の詳細につきましては、以下を参照くださいませ。

「自動車とモビリティの未来を考える研究会 6月例会」 開催ご案内
 
 日 時:  2020年6月12日(金) 18:00~19:30
 テーマ: 「KINTOが描く未来のモビリティサービス」
 提言者: 本條 聡氏(株式会社 KINTO 副社長執行役員)
 概 要:「所有から利用へ」という動きがあらゆる業界に押し寄せるなか、クルマの
     サブスクリプションサービス「KINTO」を立上げて1年余り。
     顧客ニーズを受けてサービスの改善を続ける試行錯誤の日々ながら、手応えも
     感じつつある。またパートナー企業との提携による新たな取組みも始めている。
     この講演では、サービス改善のポイントや、その根底にあるサブスクリプション
     ビジネスに対する考え方、更にはグローバルに描く未来のモビリティサービス像
     を披露する。
 
■ご参加される方は、ご連絡いただきたくお願い申し上げます。
 登録者以外の代理出席も可能です。多くの会員皆様のご参加をお待ち致しております。
 

【次回予定】
 日 時:2020年7月10日(金) 18:00~19:30
 テーマ:「世界のバーチャルエンジニアリング実態と日本の課題
       ~IT /Digital 技術「駆使」の開発とモノづくり~ 」
 提言者:内田 孝尚氏 (東京電機大学 工学部 非常勤講師
            一般社団法人日本機械学会 フェロー
            元本田技術研究所シニアエキスパート)
 

■コーディネータ
 藤本隆宏(経営研究所所長・東京大学大学院経済学研究科教授)
 青島矢一(一橋大学イノベーション研究センター教授・センター長)
 西野浩介(株式会社三井物産戦略研究所 産業情報部産業調査第一室室長)
 河野英子(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
■オブザーバー
 ダニエル・ヘラー(中央大学国際経営学部特任教授)
                                  
                                   以上
 

                自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
 
第3弾「拡大版緊急特別企画」(オンライン開催)のご案内
2020-05-08
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位
 
日頃より、経営研究所にご支援頂き、誠にありがとうございます。
「拡大版特別緊急企画 グループ経営研究会とガバナンスフォーラム」を
下記の日程にて開催させていただきます。
恐れ入りますが、ご出席の際には
メールにてご連絡をいただきたくお願い申し上げます。
  
◆第3弾:『拡大版 特別緊急企画 グループ経営研究会とガバナンスフォーラム』
 日 時: 2020年5月14日(木) 18:30~20:00を予定
 提言者: 柳川 範之 東京大学大学院経済学研究科教授
 テーマ:「コロナパンデミックを変革の契機に(仮題)」
 タイムスケジュール 18:30から1時間ほど ご提言(プレゼンテーション)
           19:30から30分ほど 討議研究(質疑応答)
 開催形式 : オンライン(Zoom)
 
 
 ■多くの会員皆様のご参加をお待ち致しております。
 
 

  一般社団法人経営研究所
  代表理事 内野 崇
  所 長  藤本隆宏
  副所長 新宅純二郎
                                  
                                   以上
 

                自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
 
第2弾「拡大版緊急特別企画」(オンライン開催)のご案内
2020-05-01
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位
 
日頃より、経営研究所にご支援頂き、誠にありがとうございます。
「拡大版特別企画 これからの企業経営を考える研究会」を
下記の日程にて開催させていただきます。
恐れ入りますが、ご出席の際には
メールにてご連絡をいただきたくお願い申し上げます。
 
 ◆第2弾:『拡大版 特別緊急企画 これからの企業経営を考える研究会から』
 日 時: 2020年5月12日(火) 18:30~20:00を予定
 提言者: 冨山 和彦 株式会社経営共創基盤代表取締役CEO
 テーマ:「コロナパンデミックに直面する世界と日本
     ~わが国、企業はどう対応し、どう乗り越えたらよいか~」
 タイムスケジュール 18:30から1時間ほど ご提言(プレゼンテーション)
           19:30から30分ほど 討議研究(質疑応答)
 開催形式 : オンライン(Zoom)
 
 ■多くの会員皆様のご参加をお待ち致しております。
 
  一般社団法人経営研究所
  代表理事 内野 崇
  所 長  藤本隆宏
  副所長 新宅純二郎
                                  
                                   以上
 

                自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
 
第1弾「拡大版緊急特別企画」(オンライン開催)のご案内
2020-05-01
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位
 
日頃より、経営研究所にご支援頂き、誠にありがとうございます。
「拡大版特別緊急企画 自動車とモビリティの未来を考える研究会」を
下記の日程にて開催させていただきます。
恐れ入りますが、ご出席の際には
メールにてご連絡をいただきたくお願い申し上げます。
 
◆第1弾:『拡大版 特別緊急企画 自動車とモビリティの未来を考える研究会から』
 日 時: 2020年5月8日(金) 18:00~19:30を予定
 提言者: 藤本 隆宏 東京大学教授 経営研究所所長
 テーマ:「アフタ―コロナ時代における日本企業のサプライチェーン」
 タイムスケジュール 18:30から1時間ほど ご提言(プレゼンテーション)
           19:30から30分ほど 討議研究(質疑応答)
 開催形式 : オンライン(Zoom)
 
  
■多くの会員皆様のご参加をお待ち致しております。
 
一般社団法人経営研究所
  代表理事 内野 崇
  所 長  藤本隆宏
  副所長 新宅純二郎
 
                                  
                                   以上
 

               自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
 
現在、研究会予定が大幅に変更となっております
2020-04-08
「自動車とモビリティの未来を考える研究会」
会 員 各 位
 
日頃より、経営研究所をご支援くださいまして、誠にありがとうございます。
新型コロナショックが世界的な広がりとなり、新年度が始まりましたが研究会も休止を余儀なくされ、
ご迷惑をおかけしております。
経営研究所もなんとか体制を整え、研究会予定は大幅に変更となりますが、
5月より研究会をオンライン―ZOOMにて開催をすることとなりました。
詳細につきましては、改めてご案内をいたしますので、しばらくお待ちくださいますよう
お願い申し上げます。
 

■コーディネータ
 藤本隆宏(経営研究所所長・東京大学大学院経済学研究科教授)
 青島矢一(一橋大学イノベーション研究センター教授・センター長)
 西野浩介(株式会社三井物産戦略研究所 産業情報部産業調査第一室室長)
 河野英子(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
■オブザーバー
 ダニエル・ヘラー(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
                                  
                                   以上
 

                自動車とモビリティの未来を考える研究会 担当 田原
 
<<一般社団法人経営研究所>> 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB1F TEL:03-5220-2881 FAX:03-3217-0208