一般社団法人経営研究所|国内外の企業の―経営マネジメント、ガバナンス、戦略、組織・人事、育成等|東京都千代田区

 

「人材開発と組織」研究会

 

例会のご案内

例会のご案内
1
 
「人材開発と組織」研究会3月例会のご案内
2020-02-26
関係各位
 
日頃より、経営研究所をご支援くださいまして、誠にありがとうございます。
今年度の研究会開催も最後の回となりました。
3月例会の詳細を下記の通りお知らせ致します。
年間最後となる今回は、コーディネータの内野崇が本年度の総括を行います。

皆様のご参加をお待ち申し上げております。
ご参加希望の場合は、御連絡をお願いいたします。
 
担当 鈴木
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           記
★★「人材開発と組織」研究会3月例会のご案内★★
日時 : 2020年3月17日(火)18:30~20:30
場所 : 経営研究所 会議室
テーマ :「年間総括」
提言者 : 内野 崇(コーディネータ/学習院大学名誉教授)
以上
 
 
コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
         竹内 倫和(学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久(高崎経済大学 地域政策学部准教授)

担当 : 鈴木
 
<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
 
 
「人材開発と組織」研究会2月例会のご案内
2020-01-22
関係各位
 
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
2019年度第10回研究会の詳細を下記の通りお知らせ致します。

多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           記
★★「人材開発と組織」研究会2月例会のご案内★★
日時 : 2020年2月18日(火)18:30~20:30
テーマ : 「ティール組織から考える日本の組織の未来」
提言者 : 嘉村 賢州氏 (NPO法人 場とつながりラボhome’s vi 代表理事)
 
提言者より:
日本語を含め17カ国語に翻訳され、累計40万部を突破するベストセラーとなっている『ティール組織』。
日本の人事部による「HRアワード2018」でも優秀賞を獲得するなど今話題となっています。
著者のフレデリック・ラルーは現在の経済社会やビジネスの在り方への違和感からユニークな経営をしている
組織を世界中で調査し、その共通点を「ティール組織」という形でまとめました。
その理論の概要を理解し、日本における企業組織の未来の形を探求していきます。
 
以上
 
御出席をご希望の方はメールにて御連絡をお願い致します。

コーディネータ :
内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)
 
担当 : 鈴木
 
 
<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL http://www.keieik.or.jp
 
 
「人材開発と組織」研究会1月例会のご案内
2019-12-23

関係各位

 

拝啓 師走の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
2019年度第9回研究会の詳細を下記の通りお知らせ致します。


多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★★「人材開発と組織」研究会1月例会のご案内★★ 
    
日時  : 2020年1月21日(火)18:30~20:30

 

テーマ :  「正社員のあり方の今後:働き方改革から見える論点」

 

提言者 :  秃(かむろ) あや美氏 (跡見学園女子大学マネジメント学部教授)
 
提言者より:
日本の雇用システムの「行き詰まり」は、自覚され、議論されてい入るものの、
新たなシステム像が共有されるには至っていません。
本報告では、市民の生活を守る”生活保障システム”である社会政策の観点から、
正社員の働き方の現状と課題を分析し、今後のあり方を検討します。
正社員にも、自分の専門性を重視しながらも、地域に根をはり、仕事と生活の調和を
する働き方祖可能にすることが必要です。
それには、従来の日本的な働き方の「合理性」を再検証し、修正することが必要です。

 

以上


御出席をご希望の方はメールにて御連絡をお願い致します。  

                                           敬具 

 

コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
         竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)

担当 : 鈴木

 

 

<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL  http://www.keieik.or.jp

 
「人材開発と組織」研究会12月例会のご案内
2019-11-22

関係各位

 

拝啓 向寒の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
2019年度第8回研究会の詳細を下記の通りお知らせ致します。


多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★★「人材開発と組織」研究会12月例会のご案内★★ 
    
日時  : 2019年12月17日(火)18:30~20:30

 

場所  : 経営研究所 会議室 

 

テーマ :  「知識創造経営理論から見るvuca時代の組織マネジメント」

 

提言者   :  佐々木 圭吾氏(東京理科大学大学院 経営学研究科技術経営専攻 教授)

 

提言者より:
VUCA、すなわち、Volatility(不安定性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)を

特徴とする今日の経営環境は企業経営に抜本的な改革を要請している。
ここでは、コンティンジェンシー理論の基本枠組みや組織概念として喧伝される「ティール組織」などの意義を吟味すると

ともに、組織的知識創造理論からからVUCA時代の現代企業の組織マネジメントを議論していく。

 

以上


御出席をご希望の方はメールにて御連絡をお願い致します。  

                                                   敬具 

 

コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
         竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)

担当 : 鈴木

 

 

<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL  http://www.keieik.or.jp

 
「人材開発と組織」研究会11月例会のご案内
2019-10-23
関係各位
 
拝啓 紅葉の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
2019年度第7回研究会の詳細を下記の通りお知らせ致します。
 
 
今回は、元陸上自衛隊の幹部で、現在は一橋大学名誉教授 野中郁次郎先生の
研究室でご研究にまい進されておいでの三原光明様にお越しいただきます。
アグレッシブなお話が伺えることと思います。
 
多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。
 
敬具
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
            記
 
★★「人材開発と組織」研究会11月例会のご案内★★   
    
日時  : 2019年11月19日(火)18:30~20:30
 
場所  : 経営研究所 会議室 
 
テーマ : 「知略という戦略-戦う組織のイノベーション-」
 
提言者 : 三原 光明氏(一橋ビジネススクール 野中研究室研究員/元陸上自衛隊 陸将補)
 
提言者より:
現代ほど、激変する世界の意味を知る戦略能力が必要とされている時代はありません。
今や安全保障に関わる人間だけでなく、オンラインで世界とつながっているビジネスマンから
国内観光業者に至るまで、様々なレベルで日々戦略と深くかかわらざるを得ません。
戦略という用語は、今や軍事のみならず、企業戦略をはじめとして、スポーツ戦略から
環境保護戦略まで、あらゆる場面に使われていますが、その定義は曖昧で、定義自体も
変化し続けています。
今回は、戦略を「知略」とし、適応と革新、正と奇など相反する対立項をバランスしながら
賢く戦う「二項動態」戦略をできるだけわかりやすく紹介いたします。   
 
以上
 
 
御出席をご希望の方はメールにて御連絡をお願い致します。    
 
 
 
コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
         竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)
 
担当 : 鈴木
 
 
<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL  http://www.keieik.or.jp
 
 
 
「人材開発と組織」研究会10月例会のご案内
2019-09-25

関係各位

 

拝啓 秋分の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
2019年度第6回研究会の詳細を下記の通りお知らせ致します。


今回は、当研究所の若手メンバーを中心とした「浅井浩一元気塾」の塾長である
日本マネジメントケアリスト教会 理事長の浅井浩一氏にお話しいただきます。

多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

敬具


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                                     

 

★★「人材開発と組織」研究会10月例会のご案内★★ 

   
日時  : 2019年10月15日(火)18:30~20:30

 

場所  : 経営研究所 会議室 

 

テーマ : 「人と職場を元気にする」

 

提言者 : 浅井 浩一氏 (日本マネジメントケアリスト協会 理事長)


提言者より:
ますます強まる成果へのプレッシャーにさらされる一方、コンプライアンスの強風が吹き荒れる職場にあって、
現場では、本気でメンバーと関わることをためらい、波風たてずに「静かに見放す」という言葉さえささやかれ

はじめている。
20年間の現場に根ざしたコンサルなどで1万人以上のリーダーと向き合い、リーダーの苦悩、本音の悩みに
向き合ってきた経営研究所 浅井浩一元気塾塾長 浅井が、この時代に必須の「人の本質に根ざしたマネジメント」

とは何か?を現場で起きている事実をもとに赤裸々に語ります。

 

以上

 

 

御出席をご希望の方はメールにて御連絡をお願い致します。   

 

コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
         竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)

担当 : 鈴木

 

 

<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL  http://www.keieik.or.jp

 
「人材開発と組織」研究会9月例会のご案内
2019-08-19

関係各位

 

拝啓 残暑の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
2019年度第5回研究会の詳細を下記の通りお知らせ致します。


今回は、「コベルコマテリアル銅管」の代表取締役社長である角田秀夫様に、経営の事だけでなく、神戸製鋼、

人材育成会社でのご経験を踏まえて、「100年の企業の神戸製鋼」のお話を中心に、幅広く人材と戦略について

お話いただきます。

 

多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

                                                                                                                                敬具


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           記

 

★★「人材開発と組織」研究会9月例会のご案内★★   
    
日時  : 2019年9月17日(火)18:30~20:30

 

場所  : 経営研究所 会議室 

 

テーマ : 「当社の経営と人事戦略について」

 

提言者 : 角田 秀夫氏 (株式会社コベルコ マテリアル銅管 代表取締役社長)


提言者より:
神戸製鋼は鉄鋼会社である。とはいえ事業の60%は非鉄金属、機械、エンジニアリング等が構成するBtoB多角企業

である。

その歴史は114年を数える。数度の存亡の危機を乗り越え、今また「ものづくり日本ブランドを毀損した主犯役」から

立直り中である。
これまで如何に危機を含む変化に適応してきたか、また、これからどうやってブランド回復しようとしているか、

ヒトを中心にした経営戦略でアプローチする。


以上

 

御出席をご希望の方はメールにて御連絡をお願い致します。   

 

コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
         竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)

担当 : 鈴木

 

 

<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL  http://www.keieik.or.jp

 
「人材開発と組織」研究会7月例会のご案内
2019-06-20

関係各位

 

拝啓 梅雨の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。


2019年度第4回研究会の詳細を下記の通りお知らせ致します。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

敬具

 

経営研究所 代表理事 内野 崇
担当 鈴木  

~~~~~~~~~~~~~
         記

 

「人材開発と組織」研究会7月例会のご案内

 

日 程  :2019年7月16日(火)18:30~20:30

 

場 所  :経営研究所 会議室  (三菱ビルB1)

 

テーマ : 「パラレルキャリアと企業の人材育成」

 

提言者 : 石山 恒貴氏 (法政大学大学院政策創造研究科教授)


提言者より: 
今回の講演のテーマは、パラレルキャリアと企業の人材育成について、です。
パラレルキャリアおよびその関連した考え方としての越境的学習には、外部の知識を獲得することで、
企業にはオープンイノベーション、個人には人材育成の効果があるとされています。その中でも特に、
企業の人材育成という観点で、パラレルキャリアの定義、効果、課題、そして先進事例などをお話し、
参加者のみなさまと議論を深めていきたいと思います。

 
                                以上  

      

コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
         竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)

 

御出席をご希望の方はメールにて御連絡をお願い致します。

 

<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL  http://www.keieik.or.jp

 
「人材開発と組織」研究会6月例会(定例研究会と合同開催)ご案内
2019-06-13
 
     満員御礼 締め切りました
 
 
会員各位
 
拝啓 薫風の候 会員の皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
「人材開発と組織」研究会 6月例会を下記要項にてご案内いたします。
なお、「定例研究会」6月例会と合同での開催となります。
 
今回は、「変革のマネジメント~官民公50の組織の経験を手掛かりに」と題して、日本の変革のマネジメントの第一人者である上山信一氏にご登壇いただきます。
上山先生は、まさに文武両道、変革の理論と実践の両方に通じ、企業を超え様々な組織―自治体から国家規模まで―の改革・変革に取り組み、変革の当事者・変革のアドバイザーとして極めて優れた成果と実績を残しておられます。最近では、大阪府市の特別顧問として大阪の橋下改革の推進エンジンとなり、八面六臂のご活躍をされたことは皆様の記憶に新しいところかと存じます。
閉塞と停滞の続く我が国にあって、変革の突破口をどこに求めたらよいのか、また変革の推進の手順とシナリオは?
今回は、“変革のプロ中のプロたる上山先生”に、その極意と勘所を縦横に語っていただく予定です。
多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 
                                                    敬具

                                         経営研究所 代表理事  内野崇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                記

「人材開発と組織」研究会6月例会(定例研究会6月例会と合同開催)ご案内

日 時: 2019年6月18日(火)18:30~20:00(全90分)

場 所:   経営研究所会議室(丸の内 三菱ビルB1階)

提言者: 上山 信一氏(慶應義塾大学 総合政策学部 教授)

テーマ: 「変革のマネジメント~官民公50の組織の経験を手掛かりに~」
 
 
【上山 信一(うえやま しんいち)氏のプロフィール】
・1957年大阪市生まれ。
京都大学法学部を卒業後、プリンストン大学大学院(公共経営学修士取得)。
運輸省、マッキンゼー(共同経営者、企業改革を手掛ける)、米ジョージタウン大学研究教授等を経て現職。
企業の非常勤監査役、戦略顧問のほか各種公職(国交省政策評価会座長、大阪府市特別顧問、愛知県政策顧問、新潟市改革本部統括等)、ビジネスモデル学会理事等を兼務。
・専門: 企業、政府、NPOの経営改革。近年は、地域開発、行政改革も手がける。

                                                    以上 
 
※定員は先着40名様とさせていただきます。経営研究所会員の皆様は無料となります。
参加ご希望の場合は、お早目の申し込みをお願い申し上げます。

   

    

コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 名誉教授)
         竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)

担当  鈴木

 

 

<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL  http://www.keieik.or.jp

                         
                                     
 
「人材開発と組織」研究会5月例会のご案内
2019-04-24

関係各位

 

拝啓 惜春の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、経営研究所をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
2019年度第2回研究会の詳細を下記の通りお知らせ致します。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

敬具

 

経営研究所 代表理事 内野 崇
担当 鈴木  

 

~~~~~~~~~~~~~
        記

 

「人材開発と組織」研究会5月例会

 

日 程: 2019年5月21日(火)18:30~20:30

 

会 場: 東京丸の内  経営研究所 会議室

 

提言者: 村田 弘美氏(株式会社リクルート リクルートワークス研究所 グローバルセンター長)

 

テーマ: 「欧米8カ国の働き方改革と、これからの働き方改革」

 

提言者より: 

フレキシブルワーク先進国である英国、デンマーク、スウェーデン、オランダ、ベルギー、ドイツ、フランス、
米国の8カ国を中心に、新しい働き方を支援する政策と企業が取り組む事例を紹介します。各国が取り組む働
き方改革は、主に「労働時間」、「休暇制度」、「働く場所の創造」と、「新たなテクノロジーの導入」など。
さまざまな事例から、すでに起こっている変化や、近未来の日本の働き方の方向性について考えます。

                                  
以上    

    

コーディネータ :内野 崇 (学習院大学 経済学部教授)
         竹内 倫和 (学習院大学 経済学部教授)
         若林 隆久 (高崎経済大学 地域政策学部准教授)

 

御出席をご希望の方はメールにて御連絡をお願い致します。

 

 

<問い合わせ/連絡先>
一般社団法人 経営研究所
「人材開発と組織」研究会 担当 鈴木
TEL 03-5220-2881
FAX 03-3217-0208
E-Mail keieikenkyusho@keieik.or.jp
URL  http://www.keieik.or.jp

1
<<一般社団法人経営研究所>> 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB1F TEL:03-5220-2881 FAX:03-3217-0208