一般社団法人経営研究所|国内外の企業の―経営マネジメント、ガバナンス、戦略、組織・人事、育成等|東京都千代田区

qrcode.png
http://www.keieik.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
037576
 
http://www.keieik.or.jp/files/lib/3/33/20160201150544653.png
 

若杉敬明早朝勉強会(JCGRとの共催)

 

若杉敬明早朝勉強会について

若杉敬明早朝勉強会について
 
日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(CGネット)日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)は、コーポレート・ガバナンスに関する正しい理解を共有するために、この数年、コーポレート・ガバナンスに関連する早朝勉強会シリーズを開催しております。
2017年4月からは、「コーポレート・ガバナンス勉強会」「ファイナンス勉強会」の二つの勉強会を経営研究所との共催で開催することにいたしました。JCGR若杉敬明所長(東京大学名誉教授、 ミシガン大学ロス・ビジネススクール三井生命金融研究所 理事)の平易なレクチャーにより、コーポレート・ガバナンス、ファイナンスの基礎を勉強するもので、初心者も上級者も楽しめる情報量豊かなレクチャーをモットーとしています。
JCGR早朝勉強会の詳細およびお申し込みは、こちらのページをご参照ください。
 

日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)とは

日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)とは
 
日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)は、「グローバリゼーションの時代にふさわしいコーポレート・ガバナンスのあり方」について共通の理解を深めることを目的とするNPOとして2003年4月1日に発足しました。そのために独自のコーポレートガバナンス原則を定めています。現在の中心的な活動は、日本のコーポレート・ガバナンスの全体像を把握するために、アンケート調査により個別企業のコーポレート・ガバナンスの状態を測定し、“JCGIndex”として指標化することです。このJCGIndex調査を通して、わが国企業のコーポレート・ガバナンスが進展することを期待しています。
2011年は大王製紙やオリンパスの問題が世界の耳目を集め、日本ではあらためてコーポレート・ガバナンスの重要性が注目された年でした。2012年は、さらに議論が深められ、遅れている日本のコーポレート・ガバナンス改革に拍車がかかることが期待されます。そのような中、日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)は、2012年1月1日、全国社外取締役ネットワーク(社外ネット)および日本コーポレート・ガバナンス・フォーラムと合併し、統合組織である日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(CGネット)の一部局となりました。今後とも日本で唯一のコーポレート・ガバナンスの研究調査機関として活動を続けてまいります。
 

期間、日程と時間について

期間、日程と時間について
 
 
2019年度 コーポレート・ガバナンス勉強会
 
 
2019度 ファイナンス勉強会
 

参加費用

参加費用
 
 

参加お申込み方法

参加お申込み方法
 
                          ※「コーポレートガバナンス勉強会」、「ファイナンス勉強会」とも
                               好評につき定員となりましたので受付を締め切りました。
 

JCGR若杉敬明所長 ご紹介

JCGR若杉敬明所長 ご紹介
 
若杉敬明
一般社団法人経営研究所理事。1966年東京大学経済学部卒業。横浜市立大学、東北大学、東京大学、東京経済大学を経て、現職はミシガン大学ロス・ビジネススクール三井生命金融研究所理事。過去、リコー、日本水産の取締役、NTTドコモ、JFEホールディングスの監査役、証券取引審議会、郵政審議会、社会保障審議会等の政府委員、日本経営財務研究学会会長等を歴任。<著書>「新版 入門ファイナンス」「コーポレート・ガバナンス・マニュアル」「グッドガバナンス・グッドカンパニー」ほか多数。
 
 

お問い合わせ

お問い合わせ
 
特定非営利活動法人
日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(CGネット)事務局
 
〒105-6112 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービルディング12階
TEL:03-5473-8038 FAX:03-5473-8198
<<一般社団法人経営研究所>> 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB1F TEL:03-5220-2881 FAX:03-3217-0208